注目の記事 PICK UP!

格安スマホのフリーテル! 成長市場アフリカへ積極展開!

SIMフリーキャリアのフリーテル(株式会社プラスワンマーケティング)は2015年11月海外進出を行ってきた。既にアジア・北米・中南米へ拡大している。

 

1ヶ国目 エジプト

2017年2月にはエジプトでは大手ディストリビューター「Unicom」社と業務提携し、4月よりエジプト国内400店舗以上の販売店で、FREETELのスマートフォンを販売開始すると発表した。ラインアップは、日本国内で販売中の「KIWAMI 2」「RAIJIN」「REI」「Priori 4」の4機種に加え、海外専用モデル「ICE 3」など3機種の計7機種。

 

2ヶ国目 ガーナ

2017年5月にTimgoo社とパートナーシップを締結し、オンラインストア「Timgoo」をはじめ、量販店50店舗にて販売開始を発表。携帯普及率は125%超え、回線整備も進んでおり4Gネットワークも導入が進んでいる。今後のスマートフォン需要の拡大が見込める。最も安い機種は「ICE2」約4400円(40USドル)で販売され、ターゲットをとしています。

 

発売された4機種

 

 

3ヶ国目 ナイジェリア

2017年8月にはナイジェリアでスマートフォン4機種を順次発売することを発表した。主要都市の家電量販店や小売店など約100店舗およびオンラインストアにて販売予定となっている。ナイジェリアは、人口約1億8,400万人でアフリカ最大の人口と経済規模であり、携帯電話の普及率は人口の約82%、またガーナと同様に4Gネットワークの導入が進んでおり、スマートフォンの需要が急拡大している。

今回ナイジェリアへ進出するにあたり、アフリカ大手ディストリビューターのTD africaとパートナシップを締結している。

 

TD Africa WEBサイトにはトップページでも強く打ち出されている。

 

 

今後の積極展開に注目

今後も大きな市場であるコートジボワール、セネガル、ザンビア、ジンバブエなどへの展開を進めている。アフリカではM-PESAをはじめとするモバイルマネーの導入が進んでおり、携帯電話は必需品であることは間違いない。

(参照)https://blg.freetel.jp/news/newscate/global

関連記事

  1. 「アフリカの近代国家ボツワナ」とは!?  ボツワナ投資環境視察ミッションに参加! ~その1~

  2. アフリカのAmazon「JUMIA」の秘密に迫る!! ~その2~

  3. アフリカ発の仮想通貨「Akoin」をAkonが発行

  4. 中国がアフリカに再び6.6兆円拠出すると首脳会合で表明

  5. 【最新版:2017年10月】ミャンマーの自動車市場状況 〜中古車〜

  6. ガーナのモバイルマネー取引は100億スイスフランを突破

  7. Japanese Car Sports “Drift”

  8. ボツワナの携帯電話データ通信状況:予想以上に〇〇だった!!

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP