注目の記事 PICK UP!

ケニア大統領選の無効を最高裁が決定

ケニアからの報道で2017年8月8日の大統領選で再選となった、現職のケニヤッタ大統領だが、野党候補のオディンガ元首相の意義申し立てを最高裁判所は選挙管理員会に不正があったとして無効を認めた。

最高裁は再選挙の実施は60日間以内に行うことを命じている。

選挙管理委員会は54%でケニヤッタ氏が再選と発表したが、野党側のオディンガ氏陣営がコンピュータハッキングの疑いなどを指摘し、再選の発表を拒否していた。

この判決はケニアだけではなくアフリカ大陸全体に大きな影響を及ぼすことが考えられる。アフリカ大陸の選挙では不正疑惑があることは珍しくない。アフリカ諸国の大統領が長い間変わらないこと多くあることだ。全てが不正とは思わないが疑惑や反乱はよくあった。

しかし、今回のケニヤ大統領選において合法的に結果を覆したのは非常に異例である。オディンガ氏のコメントからも伺うことができる。「ケニア国民にとって、アフリカ大陸の人々にとって歴史的な日である」と最高裁の発表に対して公表した。

不正選挙に関しては2007年には大きな抗議デモがあり約1200人もの人々が死亡する悲惨な事件が起きた事例もある。2007年の騒動は不正に対する異議申し立てをしていたが最高裁は拒否をしていた。今回は再選となったが同じような事態が起きるのではないかと懸念されている。

アフリカの大統領選では初めてに近いケースであるが、これがアフリカ諸国の発展と成長に活かされることを期待する。

 

>この記事にコメントする

関連記事

  1. アンゴラ:中国企業と鉄道網を維持契約

  2. Japanese Car Sports “Drift”

  3. 「アフリカの近代国家ボツワナ」とは!? ボツワナ投資環境視察ミッションに参加! ~その2~

  4. これがアフリカの道路!! アフリカの道路事情を知ろう

  5. 【アフリカの歩き方 】 どこの国のショッピングモールでしょうか?

  6. アフリカの中古車市場は旧型車ばかりなのか? 

  7. 中国がアフリカに再び6.6兆円拠出すると首脳会合で表明

  8. ビィ・フォアードがタンザニア石油製品販売会社オイルコムと業務提携!

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP