注目の記事 PICK UP!

アンゴラ:中国企業と鉄道網を維持契約

アフリカ南西部にある国「アンゴラ」からのニュース

 

<MACAUHUB>

アンゴラ政府は、大統領令の条件に従って、ルアンダとベングエラの鉄道線の維持に9,700万ドルを費やす予定。

そのうち、ルアンダ鉄道の保守契約は、中国鉄道国際グループ(CRIG)に4,290万ドルが授与されたと、ルサ通信は報じている。

ベングエラ線の再建は2015年に終了し、海岸沿いのロビトと、コンゴ民主共和国のルアウとの間の路線を回復させている。

アンゴラの鉄道ネットワークは、27年間の内戦の間に大きく破壊されいた。

2005年から2015年の間にの再建費用は35億米ドル近くに上った。

このプロジェクトは中国企業によって行われ、2,612kmの鉄道線と151の新しい駅の建設に関わっている。

関連記事

  1. 第41回ダルエスサラーム国際商業祭“サバサバ” 来訪レポート ~その2~

  2. 「アフリカの近代国家ボツワナ」とは!? ボツワナ投資環境視察ミッションに参加! ~その2~

  3. アフリカ発の仮想通貨「Akoin」をAkonが発行

  4. アフリカ大陸各国の仮想通貨規制状況

  5. 本田圭佑がウガンダのプロサッカークラブを買収。その理由は!?

  6. アフリカ中古車の豆知識 話題のネタになる情報と中古車整備環境

  7. エチオピアでアフリカ初の廃棄物発電所が始動 ごみ焼却で発電

  8. 【アフリカ中古部品市場】 現場レポート in タンザニア

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP