注目の記事 PICK UP!

【アフリカ自動車部品市場】タンザニアの部品市場マップ

ダルエスサラームの自動車部品市場

調査範囲

ダルエスサラームのマップです。ダルエスサラームは港街で、日本からの中古車を受け入れる量はアフリカでも上位に入る。ここから隣接国に陸送でデリバリーされており、重要拠点であることから日本法人の中古車輸出企業のオフィスも集まっている。そんな港町には自動車部品の市場がエリアを分けて存在している。画像のマップ上にある赤く囲まれているエリアを拡大してみる。

 

部品市場へのアクセス

 

マップの通り「オフィス街」「卸市場」「中古部品市場」が明確にエリアが分かれている。

オフィス街

日本法人の企業もオフィス街に事務所を設置している。政府関係の建物や港が近いこともありこのエリアに行くと警備厚く、スーツを着ているタンザニア人も多いエリアだ。政府関連の建物が多く写真を用意できていないのが残念である。日系企業の中古車販売会社関連のオフィスもこのエリアにある。バスの始発であったり、ザンジバル島へ行くフェリー乗り場だったり、外資系高級ホテルもある。ある程度安心のできるエリアだろう。

卸市場

<マップ記号>

A: カーアクセサリー中心の新品商品の卸販売店エリア

B: 新品補修部品中心の卸販売店エリア

地名はカリアコー(KARIACOO)と言い、住んでいる人々も活気のあるエリアであるがお金持ちの現地人はあまりその地に足を運びたくないと言われることが多い。渋滞も酷く、交通整理がされないと何時間も進まない大渋滞が発生しする。しかし道は非常に綺麗に舗装されている。画像にある白っぽくなっている道路はバス専用の道路で、一般車は走行することが出来ない。バス専用道路が完成したおかげで渋滞は減ったとも言われている。実際調査データがなく、現地人の印象なので参考程度の情報であるが、時間も適当で価格交渉が必要な乗り合いバスとは違い、ある程度定期便で明朗会計であり現地の学生も多く活用している。

 

写真のような店舗がズラッと並んでいる。商品は日本製よりも中国製、マレーシア製が多い印象で日本では見たことが無い商品もある。エアコンフィルターやエアフィルター、オイルフィルターは最近通販で良く売られている中国製の商品が日本と同様に販売されている。フィルター関連の市場流通価格は日本と大きく変わらない。中国製の商品を日本に入れて、その商品をタンザニアで販売しようと思っても既に中国が直接卸しているため価格競争では勝ち目がないだろう。価格以外での付加価値が現地人にとってどの程度効果があるのか深く調査する必要がある。

余談だが、日本と比べてアフリカは平均寿命にも影響していると思うが将来どうするかという考えが非常に少ない。今どのように生活するかが重要である。安全でない以上将来に投資志向が生まれにくいのだろう。何が言いたいかというと、日本製の質が良いものを買いたいのはあたりまえだが、とりあえず今安く直したからフェイク商品を購入するという購買行動が普通のなかで新品商品での中国製品との戦いは激戦であることは間違いないだろう。

そこで生まれたアフリカ人の中国製活用法がこれ、

TOYOTAのオイルフィルターであるがこの中に偽物がある。ちなみに全て同じ車両用のオイルフィルターだ。偽物は一番左の商品でよく見るとフォントがおかしい。上蓋に張られているステッカーもよく見ると質の低さが分かる。ただ、実際は全て偽物の可能性もありえる。現地人も判断せずどこからどのように流通しているのか分からない。偽物は当たり前のように製品の質も悪い。オイルフィルターであればエンジンオイルが漏れてきてしまう。ただ、通常の中国製よりも高価でありながら買っていく。さすがである。

新品部品の卸市場では目利きが重要で、何も知らずにいくと偽物を高く売りつけられるところだ。だから現地人もあまり近づかないのであろう。

 

中古部品市場

このエリアはILALA(イラーラ)と言い中古部品のお店が集まっている地域である。KARIACOO地域と比べても雰囲気は全く違う。まず道路がコンクリートではなくガタガタの土道路である。現地人がじゃれあったりしており非常に活気のある地域だ。

ある店舗の倉庫内だが一面に部品が敷き詰められている。日本の在庫管理システムのようなものは無く、経験と感覚で管理されているのであろう。中古部品は先ほどの新品部品とは違い偽物が少ない。そこの安心感から中古部品を好む人も多い。流通ルートは主に日本から直接コンテナとドバイ経由で輸入されている。売れ筋の部品項目はエンジン、サスペンション、ロアアーム、タイロッド、ドライブシャフト、エアコンコンプレッサーあたりだと現地人は言う。確かに言われた商品が倉庫には多く保管されている。エンジンは故障した場合修理が難しいのでASSY交換となるのだろう。 価格帯はエンジン型式にもよるが日本円で15,000円~40,000円ほど。車両を買いなおすよりはるかに安い。サスペンションをはじめ足廻りが売れるのはアフリカならではの悪路が原因だろう。乗用車のノアで崖のような岩がゴロゴロあるような道をどんどん走って行ってしまう。タイロッドはすぐに折れるのは想像がつく。

中古部品の流通は中古車販売に大きく影響を与えている。エンジンASSY交換でもお伝えした通り、壊れてもなかなか車両事態を買いなおすことが出来ない。エンジンは新品を手に入れることが出来ないので中古しかない。となると中古エンジンを手に入れやすい車両が人気になるという側面もある。

 

中国製品への考え方

現地に密着出来ているのはどこの国なのか?

中国製品が多く出回っているアフリカだが、その影響力は非常に大きい。偽物を作る行為や法律的な問題は抜きとして考えると中国製品は現地に密着していると考えられるのではないだろうか。交通インフラが整っていない環境で自動車は交通手段として欠かすことのできないものである。タンザニアにおいては自動車の関税が約40%、輸送費、保険費用、検査費など重ねていくと例え30万円の車両でも2倍近くの費用が必要となってくる。維持費となるガソリン代は日本と相場が変わらない(タンザニアでは)。日本に比べ所得水準はどうでしょうか?数字を出さなくても自動車維持の困難さが分かると思う。

故障に対する費用は出来る限り抑えたいのは日本人も一緒ではないだろうか。日本の通販で購入できる安い商品は中国製が多いだろう。自動車メーカーが販売する部品を買わない人も日本でさえいる。現地人は中国製は粗悪だと言うが購入することは辞めない。価格が安いからだ。中国製品が無ければモノづくり大国と言われた日本がカバーする力があるかと言うと疑問が残る。上手に付き合う必要があるだろう。

 

さいごに

自動車関連で調査へ行くにはタンザニアのダルエスサラームは面白い土地だと思う。ただし本当の市場価格を調査したり、どこからいくらで仕入れているのか聞くためには現地人と一緒に行ったほうが良いだろう。日本人単体では冷やかしだと思われることも多い。そして見えないスラム街とのラインがあるのだと言う。ローカルルールはローカル人に聞くことが一番良いだろう。つまりアフリカでは良いパートナーを見つけ出すことがビジネスにおいての進出の成功ポイントとなるだろう。

関連記事

  1. エチオピア:自国貿易の50%をスーダン港へ移転を検討

  2. somali_beaches_2

    Somalia as Your Next Tourist Destination?

  3. Why Japanese used cars are maintained in high qual…

  4. ケニア大統領選の無効を最高裁が決定

  5. エチオピアでアフリカ初の廃棄物発電所が始動 ごみ焼却で発電

  6. 【アフリカの歩き方 】 どこの国のショッピングモールでしょうか?

  7. Facebookがケニアで600箇所のWi-Fiホットスポットを設置

  8. アンゴラ:中国企業と鉄道網を維持契約

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP