注目の記事 PICK UP!

日本人の為の治安情報シェアサイト “CrimeNote” オープン

昨今ではTICADが日本で開催予定などアフリカが注目されている。ひと昔前に比べればアフリカの情報もネット上で収集することも増えてきた。しかし、実際にアフリカに訪問してみると日本との環境差に驚きがあるだろう。様々な犯罪やトラブル、日常生活でも平和、安全に慣れすぎている日本人は気を抜いてはならない。

そんなアフリカで暮らす人、ビジネス、旅行をする人の現地の治安情報をシェアするサイトがオープンした。

 

CrimeNoteのミッションとは

【アフリカへの愛】

私たちは、アフリカが大好きです

バイブス、明るい人々、素直な子供達の笑顔、音楽、ダンス、大自然、動植物、多様な民族文化、食事・・・

そんなアフリカを、もっと沢山の日本人に訪れて欲しい、知ってほしい、と強く願っています

【アフリカの未来】

従来からの観光、国際協力関係者に加え、これからの経済発展、人口爆発、技術の進展を見据え

近年益々多くの日本人がアフリカを訪れ、アフリカで働くようになってきました

【アフリカで安全に過ごして貰うために】

一方、多くの方々が不安に思う治安 実際に、無視できない事例が起きている事、事実です

素敵な大陸アフリカを、避けられた事件や事故で嫌いになって欲しくない

避けられるリスクは避けてほしい、危ない場所を知って欲しい、実際にどんな事件があるのか知って欲しい

そして、安全に何事もなく過ごし、帰国し、益々アフリカを好きになって欲しい

もっと沢山の人たちを連れてきて欲しい

そんな思いで、サービスを運営しています

CrimeNoteの使いやすさ

国単位で情報がカテゴライズされており、インターフェースはシンプルで非常に使いやすい。オープンしたてでまだ情報は少ないようだが、気軽に投稿することができこれから情報量が増えてくることを期待する。

 

日本にとってアフリカが遠い理由

日本からアフリカ大陸が物理的に遠いのは事実ですが、ヨーロッパやアメリカも物理的に遠く渡航時間は大きく差は無い。

しかし日本人がアフリカへ渡航人数は遥かに少なく、渡航してみると分かることですが、中国人やヨーロッパ人はアフリカでよく見かける。

恐らくネット上の情報量が少ないことが原因の一つでは無いかと考えられる。アフリカの成長は著しく、建築ラッシュが進む国もあり3ヶ月も開けば全く違う光景になる地域もある。

そんなアフリカの情報を、一番気になる治安を現地から情報提供してもらえることで、少しでもアフリカが近くなるのでは無いだろうか。

治安情報だけでなく、観光スポットやアフリカに行ってみたいと思うようなポジティブなコンテンツもネット上に増えることを期待する。

 

関連記事

  1. 【アフリカの歩き方】滞在レポート in タンザニア

  2. ソマリア国を写真付きで紹介!

  3. アフリカの中古車市場は旧型車ばかりなのか? 

  4. ボツワナの携帯電話データ通信状況:予想以上に〇〇だった!!

  5. 中国がアフリカに再び6.6兆円拠出すると首脳会合で表明

  6. 【アフリカニュース】アフリカでの新規プロジェクトに対する外国投資は2016年に40%増加

  7. エチオピア:自国貿易の50%をスーダン港へ移転を検討

  8. 【アフリカ中古部品市場】 現場レポート in タンザニア

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP