注目の記事 PICK UP!

ガーナのモバイルマネー取引は100億スイスフランを突破

2018年上半期のモバイルマネーの取引は、1040億スイスフランを記録した。

この数字は、2017年の同じ期間に記録された880億スイスフランの2倍に相当する。

2017年の総取引は1,548億スイスフランであったが、イノベーションが続き、2018年の総取引は前年をはるかに上回る可能性があると予測している。

モバイルマネーは、10年ほど前にガーナで初めて導入されましたが、通信業界大手MTNガーナが、財政的支援を強化する目的で導入されていた。

モバイルマネープラットフォームは、携帯電話の使用量の急増とプラットフォームへのアクセスの便宜のために、ガーナで標準的な支払いシステムの1つになっている。

 

口座数は2,900万

ガーナ銀行の最近のデータによると、モバイルマネーアカウントは2,990万人(2018年1月〜6月)に達しており、11,797,476人がこのプラットフォームのアクティブユーザーであることがわかった。

 

モバイルマネーに課税されるかどうか

モバイルマネー事業の急速な進歩により、政府はかかる取引に課税を開始する可能性がある。

クワククワルテン財務次官は、モバイルマネートランザクションに対する課税を和らげる発言をしたが、彼は政府が、将来課税すると考えもあるという発言も残している。

「私たちは、税制から生産に焦点を移さなければならないと考えていますが、民間部門を支援するために必要なものにであることを認識している。私たちは、モバイルマネーは良い発展だと思います。われわれはそれを喜んでおり、政府はその議論を検討することを心掛けている。モバイルマネー取引に課税することに関しての懸念点を確かに考慮に入れるだろう」と彼は付け加えた。

 

世界的に発展するモバイルマネー

アフリカでは最先端技術が普及する傾向にある。何もない環境から最初に手に入れる技術がスマートフォンという人が多い。銀行口座も持てない人も多い中で、口座やクレジットカードの代りになることは想像できる。数多くのアフリカ発決済サービスが普及していることからもこれからの拡大が期待できるだろう。

アフリカがこれだけ拡大が見込めている中で、日本のモバイルマネー市場はいかがだろうか。世界的に発展しているモバイルマネーも日本では普及率が低い。飲食店においては手数料のかかる決済方法を導入しない店舗も多くある。キャッシュレス社会も近づて来ており、日本がいかに遅れているか認識しておく必要があるだろう。

関連記事

  1. これがアフリカの道路!! アフリカの道路事情を知ろう

  2. 「アフリカの近代国家ボツワナ」とは!? ボツワナ投資環境視察ミッションに参加! ~その2~

  3. 南スーダン共和国を写真付きで紹介! Introducing South Sudan Republic…

  4. 第41回ダルエスサラーム国際商業祭“サバサバ” 来訪レポート ~その3~

  5. 格安スマホのフリーテル! 成長市場アフリカへ積極展開!

  6. 第41回ダルエスサラーム国際商業祭“サバサバ” 来訪レポート ~その2~

  7. 【最新版:2017年10月】ミャンマーの自動車市場状況 〜中古車〜

  8. investment_somalia_satg

    Somalia From A Business Perspective: Is It Worth I…

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP