注目の記事 PICK UP!

ケニアの肥料製造業者 ULTRAVETIS社

ケニア訪問(2018年2月)

ケニアナイロビを中心に日系企業、現地企業へ訪問。今回は市場調査を含め自動車業界以外の流通業、物流業、IT、不動産関連会社へ訪問してきました。現地へ訪問した企業をご紹介したいと思います。

ULTRAVETIS社(肥料製造)

 

同社のビジネスは肥料に代わりになるような成長促進剤を生産している。

まずはじめの写真は肥料をプラスティックボトルに入れ込み、製品化する作業風景である。

生産ラインは業務の効率レベルに合わせた人材配置を行なっており、視察している時間が業務が途絶えることなく効率よく生産しているように見えた。業務効率化には機械を導入すれば簡単な話ではあるが、現地人の雇用確保もアフリカでは非常に重要であり、ULTRAVETIS社は十分貢献している。

また、各フロアには掲示板が設置されており、生産目標、シフト表などが掲示されている。アナログな部分もあるが日本の工場と似ており、管理に対する意識が強化され始めている。

 

生産加工品、原材料を参考画像としてご覧頂きたい。

同社はJICAの推奨する「カイゼン」を専門家が導入している企業である。生産ライス数は多くないもののシフト、ポジション、目標設定などで確実な生産体制を実現されている。一方で、カイゼン導入後に継続できていない場面も垣間見れる。人海戦術での生産になる以上、効率化したことをどのように継続していくのかが新たな課題である。

従業員は交通渋滞に巻き込まれないように早めの出社をしている。日本のように10分前には作業開始ができる状況である。勤務時間は午前8時から午後5時までが提示となっており、ほぼ定時で業務は終了する。時間を守ることが難しい国だと思っていたが、日本と同様に時間を守る文化が同社にはあるようだ。

日本の管理体制とはまだかけ離れているかもしれないが、JICAを始めとする様々なセクターの協力でアフリカ企業は成長している。継続的な渡航と訪問によって同社の成長を追いかけたいと思う。

 

関連記事

  1. アフリカ大陸各国の仮想通貨規制状況

  2. アフリカの中古車販売の実態

  3. ケニア大統領選挙:再選挙日決定!!

  4. ビィ・フォアードがタンザニア石油製品販売会社オイルコムと業務提携!

  5. Facebookがケニアで600箇所のWi-Fiホットスポットを設置

  6. ケニア大統領選の無効を最高裁が決定

  7. SafaricomとHuaweiがケニアでファイバーインターネット拡大へ提携合意

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP