注目の記事 PICK UP!

南アフリカの大統領、ズマ氏が辞任表明(汚職問題)

南アフリカ:ズマ大統領辞任表明

南アフリカのズマ大統領は2月14日に2019年までの任期満了を待たずに辞任すると発表した。

アフリカ大陸の中でもGDPが高く経済国であったが、経済成長率は1.6%と低迷し伸び悩んでいた。経済成長の鈍化は資源価格の下落などの外敵要因も大きいが、腐敗体質が目立つ政権であり汚職も非常に目立っていた。

新大統領のラマポーザ氏は、汚職の排除に力を入れている。

 

筆者が考える:アフリカ全体的な汚職問題

今回南アフリカのようなケースはアフリカ他国でも同様の課題を持っているだろう。南アフリカは経済大国でありアフリカの中でも特殊な国である。他国でも大統領の交代などをきっかけに汚職排除に力を入れているイメージが強い。一方で汚職により利益を得ていた人々も多くいるのが事実である。イミグレーションが一般市民から不正金を受け取るなど、日本では考えられないことが実際に行なわれてきた。この例は小さな話だが、汚職が出来なくなれば収入が減少し不満足度も高まる、税収を確保するために税率を上げていく、税率増加によって輸入品の価格が上昇する。悪循環も考えれるだろう。短期的な過度な修正だけでは反発も大きくなるだろう。

 

関連記事

  1. アフリカの中古車販売の実態

  2. アフリカ大陸各国の仮想通貨規制状況

  3. 【アフリカの中古車密輸状況】盗難車をお菓子で隠して運搬したドライバーが逮捕

おすすめ記事

最近の記事

  1. Ethiopian_airlines
  2. somali_beaches_2
  3. business_opportunities_africa
  4. business-opportuni-africa
  5. used_cars_business_in_Somalia
PAGE TOP